恋愛・結婚について

「幸せな結婚の法則」
佐藤康行著書より抜粋

ーーーーーーーー

人間の感情は
複雑なものがあり、

愛しあいたい欲求が
強いほど、

冷たい態度で相手を
遠ざけてしまうという
矛盾した行動に出ることが
よくあります。

これは
親に愛されたいために
親を困らせるといった
子供の行動パターンにも
似ています。

自分の存在価値を
確認するためには、
大切に思ってくれる
相手が必要です。

それが、
子供のころには親であり、
結婚すればパートナーに
なります。

人は誰かと信頼しあい
受け入れあうことで
心が安定し、

人生をかけがえない
ものとして感じることが
できるのです。

親から十分な愛情と
精神面でのサポートを
受けてこなかった人は、

自分は愛される価値のない
人間だと思い込み、
心の傷を引きずったまま
成長します。

大人になって
パートナーが見つかった
としても、

安心して相手を
受け入れることが
難しくなるのです。

ただし、
親から愛されて
育った人でも、

いまの時代に
ネガティブな感情を
持たない人など
いないでしょう。

100点満点の人は
いないと言いましたが、

誰でも何かしら
「弱み」を持ち、
自信のなさを
抱えています。

そして驚くことに、
夫婦はたいてい
似たような心の傷を
持っていて、

その問題を
乗り越えるために
出会った
とも言えるのです。

人生の原点は
両親にあります。

あらゆる人間関係の
ベースになっているのは
両親との関係であり、

特に異性関係については、
女性なら父親、
男性なら母親に
大きな影響を受けています。

恋人と長続きしない、
夫婦関係が
うまくいかないといった
問題がある人は、

両親の関係が
どうだったか、

あるいは
自分が親に対して
どのような感情を
抱いているか、

改めて
見つめ直して
見ましょう。

ーーーーーーーー
2013年ビオ・マガジン
「運命のパートナーと
結ばれる
幸せな結婚の法則」
佐藤康行著書より抜粋
ーーーーーーーー

佐藤康行公式サイト
http://satoyasuyuki.com

ーーーーーーーー

 

関連記事

  1. 摂食障害について